看護助手の資格を通信講座でとるには?資格の取り方と就職先まとめ

看護助手,資格

医療現場では看護師不足が深刻になっており、看護助手の需要も増えています。

 

看護師を助ける役割の看護助手は、看護師へのステップアップとしてだけではなく、重要な役割として医療現場で注目されているのです。

 

看護助手資格は通信講座でとることが可能ですが、どのような仕事内容でどういった職場に就職が可能なのでしょうか?
今回は、看護助手の概要や試験内容などを徹底解説いたします。

看護助手講座にはどんなものがあるの?

 

通信でも資格取得可能な看護助手にはどのような講座があるのでしょうか?
こちらでは、看護助手の通信講座概要や目指す人の傾向、就職先や年収についてまとめてみます。

看護助手という資格概要

 

看護師をご存知の方は多いですが、看護助手という資格があることさえ知らない方も多いでしょう。
看護助手は看護師不足なので、需要が右肩上がりの職種になっているのです。

 

看護助手は、看護師の仕事をサポートする役割として、病院ではなくてはならないポジションになりつつあります。

 

看護助手の資格には、全国医療福祉教育協会が認定している「看護助手実務能力認定試験」があって、資格を取ることにより、医療機関が看護師の補助的役割ができると判断ができるのです。

通信講座を修了する事で看護助手の資格をとることが可能なため、試験合格が必須ではありません。
看護師の資格に比べると時間もかからず取りやすいと評判になっています。

また、看護師のような医療行為は行わず、看護師のサポート的役割を果たすのです。

 

医療現場へのパートや復職、転職などを考えている人に看護助手の資格はおすすめになります。
看護助手の資格を持っていることで医療関係の就職へアピールできることは間違いありません。

 

看護助手を目指す人の傾向

看護助手,就職

看護助手は、看護師の仕事をサポートし、医療が必要な患者さんに直接触れ合えるやりがいのある仕事として目指す人も増えていますが、どのような人が看護助手を希望する傾向があるのでしょうか?

 

少なからず、看護師に憧れている人で看護助手になる人も多いです。

 

看護師の資格は取得するまでに専門の看護学校などに通い数年かかります。

 

また、看護学校卒業後に看護師の国家資格を受験しますが、必ず受かるというわけでは無いのです。

 

看護師になってからも、日々、医療行為に携わるので失敗が許されません。

 

一歩間違えば命にかかわるような仕事なので、ストレスもかなり多いと言われています。

 

看護助手は、看護師に比べると資格が取りやすいです。

 

数か月の通信講座を修了すれば資格取得ができ、医療現場ですぐに働く事が可能になります。

 

全国の医療現場で働くことができるので、求人も多いですし、近年は看護助手でも給料が高くなってきているのです。

 

安定した就職先や働き甲斐、ちゃんとした福利厚生やお給料を望む方が看護助手の資格取得を目指す傾向があります。

看護助手講座を受講した人はどんなところに就職?

 

看護助手講座を受講した人はどんな所に就職するのか?心配な人もいらっしゃるでしょう。
看護助手の資格を取ると次のようなところに就職可能になります。

 

  • 大学病院
  • 総合病院
  • クリニック

 

主に、入院患者などがいる病院で勤務することが看護助手は多いです。
看護師は医療行為を行いますが、その他の食事介助や清掃等、入院患者のお世話は看護助手で充分だという病院も増えてきています。

 

大きな病院だと、病院の働き方改革などの影響もあって、看護師と変わらないくらいの看護助手がいる場合もあるでしょう。
今まで、看護師がやっていた医療行為以外の仕事を看護助手に任せるケースが増加傾向にあるのです。

 

大きな病院の勤務だと福利厚生や給与面も良い為、働きやすい環境が整っています。

 

看護助手で働いても、看護師と給与面は異なりますが、福利厚生面は大差がないので、パートやアルバイトとして働いたとしても待遇面で良いことが多いはずです。

看護助手の年収

 

 

看護助手の平均年収は、病院や地域、待遇や経験などで異なりますが、260万円~300万円くらいです。
看護助手の時給だと、900円~1,200円くらいです。

どちらも地域や病院などで大きく異なります。

 

人手不足が深刻な地域だと看護助手でも時給が高いので、正社員ではなくパートで働く看護助手も結構いるのです。

 

正社員だと病院勤務なので福利厚生面が充実している事も多く、看護助手として最初から働くことを希望する人もいます。

 

「看護助手実務能力検定試験」の概要

 

こちらでは「看護助手実務能力検定試験」の概要についてご紹介します。

 

受験資格

どなたでも受験して頂けます。
年齢などの受験資格もありません。

合格率

合格率は60%~80%になります。
資料を見ながら受験ができるので合格率は高めです。

試験日

11月と3月の第一日曜日、年2回試験があります。
合格発表は、約1ヶ月後です。

受験料

一般受験は7,500円、団体受験は7,000円です。
どちらも受験するという方もいます。

出題内容

 

学科問題

看護助手業務と役割の理解: 10問
患者の理解: 10問
看護助手業務を遂行するための基本技術: 5問

 

記述問題

看護助手業務を遂行するための基本技術に関する記述問題: 5問

 

看護助手講座終了と同時に資格が取れる

看護助手の資格は、試験が必要な看護助手実務能力検定試験などもありますが、通信講座を終了すれば資格が取れるものもあります。

 

たのまなユーキャンで看護助手講座を受講し、一定レベルまで達成して終了すると、同時に全国医療福祉教育協会の「看護助手実務能力認定資格証」が授与されるのです。

 

これは、看護助手としてのスキルが身についている証になります。

 

資格として履歴書などにも記載が可能ですし、医療機関就職へのアピールとなるのです。

 

もちろん、看護助手実務能力認定資格証を取得した後に看護助手実務能力検定試験を受験して資格を更に取ることもできるでしょう。

 

大病院などへの就職も可能になり、看護師に比べると資格も取りやすいので、看護助手として働くことを前提に通信講座を受講する人も増えてきています。

 

今、看護師不足で看護助手の需要が高まっているため、チャンスかもしれません。

初学者も安心の「看護助手」おすすめの講座・資格学校

ヒューマンアカデミー「たのまな」

たのまな,看護助手

【 たのまな 看護助手講座】
就業サポートが充実し、さらに受講料もお得に!
・通常価格 36,700円
・ボーナス価格 35,599円
※分割払いも可。(教育ローンでのお支払い)
修了時には、申請を行うだけで、「看護助手実務能力認定資格証」が授与されます。

 

生涯学習のユーキャン

ユーキャン,看護助手

【 ユーキャンの看護助手講座 】
医療の専門知識がなくても、大丈夫。
修了課題で基準点に達すれば、申請することで「看護助手実務認定資格証」が全国医療福祉教育協会から付与されます。
【一括払い】 36,000円
【分割払い】月々3,680円×10回(10 ヵ月)
総計:36,800円 ※税込み・送料当社負担
最後の添削課題で基準点をクリアすれば、講座修了!

 

TOPへ